WORLD

Story

突き抜けるような青空、周りに広がる透明で
美しい水面、じりじりと肌を焦がす太陽。
――夏の風景の中、1人の少女は、まるで
取り残されたようにこの世界へと迷い込んでいた。

少女の名は星崎愛央。
ぽつんと漂う学校では、記憶をなくした3人の
少女たちが暮らしていた。
お互いに分かるのは名前だけ。
愛央は戸惑いながらも元の世界に戻る手がかりを
探すため、彼女たちとの奇妙な共同生活を
することに。

そんなある日、学校と辺り一面に広がる水しか
なかった世界に、突然新たな景色へ続く道が
現れる。
意を決して足を踏み入れる愛央たち。

道の先にあったのは、どこか見覚えのあるものが
不規則に存在する不思議な場所。戸惑いながらも
その全貌を確かめるため、歩みを進めたとき――

そこには見たこともないモンスターの姿があった。
窮地に陥ったとき、少女たちは不思議な力を
手に入れる。
夏を閉じ込めたような世界、記憶を失くした少女たち。
謎が解けるとき、少女たちは何を手にするのだろう。

ココロトープ

ある日、学校と水しかなかったこの世界に突如現れた新たな場所、「ココロトープ」。
不可思議な空間には、元の世界で見慣れたような物が無秩序に置かれていた。

この世界についての手がかりがないだろうか。「ココロトープ」を探索していると、不思議な光――「記憶の欠片」を見つける。
愛央たちがそれに触れた途端、靭こころの記憶が少しずつ戻り始めた。

どうやら、この空間にある「記憶の欠片」はこころの記憶に関係するらしい。
大切なことを思い出したとき、それに呼応するよう新たな少女がこの世界に現れた。
こころは少女を「詩帆」と呼ぶ。
「ココロトープ」とは。この世界は、一体何なのだろう。少女たちは未だ謎に囚われたままだ。